中国のファッション雑誌「little thing」にインタビューされました!

2014年08月31日(日)

Little thing magazine 37issue中国の深セン市から発行されている「小さいものは美しい」というコンセプトを持つ超ガーリーなファッション誌「little thing 恋物誌」。
“Little thing magazine” is a super girly fashion magazine with the concept of “small is beautiful” issued from Shenzhen City of China.

この雑誌にインタビューされ、37号(8月25日発売)のコラム「Little illustrator」にインタビュー内容と作品を掲載いただきました。
In July, I was interviewed by this magazine. The interview and some of my illustration work has been published in the current issue (a column “Little illustrator” of No. 37).

>> little thing 37号発売ページ(中国)
>> 日本の代理店での雑誌紹介ページ(Palm)
>> 雑誌の共同創始者で発行人のジェイソン・レン氏へのインタビューはこちら(HITS PAPER)

LTM_thum

昨年から中国のSNSやブログなどで作品を注目していただく事が何度かあり
中国圏からポートフォリオサイトへのアクセスが増えているな〜と思っていた矢先
7月頭に英文メールでインタビュー依頼をいただきました。

インタビューの内容は、紙面では中国語に訳されていますので
つたない英語ですが、和訳と合わせて以下にご紹介いたします。


記事抜粋(LT=Little thing、D=Doi Kaori)

LT:Tell us some information about yourself? How did you get into illustration?
あなた自身についていくつか教えてください。あなたはどのようにしてイラストレーションに興味を持つようになりましたか?
D:I have a brother and a sister close in age. ( I’m the older twin sister.) We were very active, so it was a very hard thing for my mother to keep her eye on us out of doors. then, she often spread a large sheet of paper on a dining table, we drew a picture freely and enjoyed it. My father has been interested in the creative things, and my grandfather also drew sumi-e for fun. Because it was such family as described above, I think I became interested in illustration naturally.
私には年齢の近い兄と妹がいます。私達はとても活発だったので、母が屋外で目を離さないでいることはとても難しかったそうです。そのため、母はよくリビングの机に大きな紙を敷き、私たちは好きに絵を描いて楽しんでいました。父もクリエイティブな事に感心があり、祖父も墨絵を趣味にしていました。こんな家族だったので、自ずとイラストレーションに興味を持つようになったんだと思います。

LT:Is color pencil your favorite drawing tool? Do you have anything you use out of the ordinary for making your illustrations?
色鉛筆がお気に入りの描写ツールですか?他に使っている画材はありますか?
D:Yes! I use watercolor pencil mainly. When I was in high school, my father gave me a watercolor pencil set of 30 colors as souvenir of overseas business trip. So I started using it. I’m also using white gouache on the other.
はい!水彩色鉛筆を主に使っています。高校生の時、父が海外のお土産で30色セットをくれたことがきっかけで使い始めました。他には白のガッシュを使用しています。

LT:Could you introduce something of your working process?
あなたの作業プロセスのようなものを紹介してもらえますか?
D:First, I decide the theme of the painting, and check the related documents. Next, draw a rough, determine the color scheme on the PC. Third, I draw an illustration. Finally, I scan the original illustration and make a fine adjustment on a PC.
最初に絵のテーマを決め、関連資料を集めます。次に鉛筆でラフを描き、PC上で配色を決めます。3番目に絵を描きます。最後に、オリジナルイラストをスキャンし、PC上で微調整を行います。

LT:What helps you be more creative? Where does your inspiration come from?
何があなたがより創造的であるのに役立ちます?あなたのインスピレーションはどこから来ますか?
D:Works of our predecessors helps me be more creative. My inspiration come from daily living. Mainly, pottery, dish, japanese customs, Kimono.
先人の作品が私をより創造的にします。私のインスピレーションは、日常の生活からきています。主にやきもの、料理、日本の習慣、着物です。

LT:How will you describe your Aesthetic?
どのようにあなたの美学を説明します?
D:Hrmm, Maybe, my aesthetic is a simple beauty that is in the part of everyday life.
うーん・・・おそらく、日常生活の一部にある簡素な美しさでしょうか。

LT:What’s your favorite work so far?
これまでの作品でお気に入りは何ですか?
D:My favorite work is “Milkywayrailroad”. I drew it in 2012 in the image of the novel “Milkywayrailroad ” Miyazawa Kenji wrote. By drawing this picture, I found the direction of my illustration style. In addition, 1 year before drawing this, many deaths went past the side of me. I drew while thinking about them. Therefore, it is the work unforgettable for me.
「銀河鉄道の夜」が気に入っています。宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」をイメージして2012年に描きました。この絵を描く事で、自分のイラストレーションの方向性を見つけました。また、この作品を描く1年前に身近に多くの死を経験し、彼らの事を考えながら描いたので思い入れ深い作品です。

LT:What is something new you have noticed or learned recently? Is there a theme or medium you would like to explore further in the coming years?
最近何か気づきや学んだ事はありますか?今後数年間でさらに探求したいテーマやメディアはありますか?
D:I was impressed by the words “Art is communication” of an artist Hiroshi Senju recently. I felt the importance to express in painting the message of my own. In the coming years, I would like to challenge using mineral pigments and making a picture book and drawing covers of books.
最近「アートは、コミュニケーションだ」という日本画家千住宏さんの言葉に感銘を受けました。自分のメッセージを絵で表現することの重要性を感じたのです。ここ数年でトライしたいのは、画材では岩絵具、媒体では本の装画や絵本です。

LT:Do you think an illustrator needs a style? Why? Do you have tips on developing an illustration style?
イラストレーターはスタイルが必要だと思いますか?スタイルを創るためのTIPSを持っていますか?
D:I think a style is absolutely necessary. Because if an illustrator don’t have style of painting, he will not be remembered to suppliers, and work will flow in the fast and inexpensive worker than him. Tips that my teacher of illustration school told me is “Look at the work of a lot of others”, “Emulate your favorite illustrations”, “Draw a lot”.
スタイルは絶対に必要だと思います。なぜなら、スタイルが無いと、取引先に覚えてもらえず、仕事は彼よりも高速かつ安価な労働者に流れることになります。イラストレーション塾の先生に教わったTIPSは「他人の作品を沢山見る」「好きな作品を真似て描いてみる」「たくさん描く」です。

LT:Your art work are very original. What do you feel is the most challenging thing about original art making?
あなたの作品はとても個性的です。個性的な作品制作で、最も挑戦的なことは何だと感じていますか?
D:Probably, light color, form with little design elements and fine depiction makes my originality.
おそらく、淡い色調、デザイン要素が少し加わった形、細かく丁寧な描写だと思います。

LT:Do you meet up with other illustrators in person? Who?
他のイラストレーターと会ったりしていますか?それは誰ですか?
D:Yes, I do. I go to MJ illustration school from in May 2011. The school is operated by illustrator Minegishi. Illustrators close to 100 have attended. We show each other homework illustrations in the classroom twice a month. It is very exciting, and l’m learning a lot.
はい会っています。MJイラストレーション塾に2011年から行っています。この塾はイラストレーターの峰岸先生が運営していて、100人近くのイラストレーターが通っています。1ヶ月に2回絵の宿題を見せあいます。とても面白く、多くを学んでいます。

LT:What’s your favorite little thing?
あなたのお気に入りの小さい物は何ですか?
D:My favorite little thing is chopstick rest. When traveling to domestic trip or Asia, I always buy it to souvenir. Small and inexpensive, it is good to collect.
箸置きです。国内旅行やアジアへの旅行の際は、個人へのお土産用に必ず2個購入します。比較的安価で小さいので、収集にピッタリです。


自分の描いた絵が、国境を越えて興味を持ってもらえるなんて・・・!!
イラストレーションに向かい合う覚悟を決めた4年前、こんなことは想像もしていませんでした。
あらためて、今後の方向性を見つめ直す良い機会になりました。
作品づくりと英語の勉強、頑張ろう!!!

<little thing 恋物誌>
 隔月発行(1年に6冊発行)。日本の雑誌で言うと装苑がイメージとして近く、手作りとファッションがメインの様々な「きれい」や「かわいい」が詰まっている雑誌です。中国本土では225000部、香港では4万部、他に香港マカオ日本で発売(中国では街角のマガジンスタンド、日本では代官山蔦屋などで入手可能)。